こども美術教室 がじゅく 三鷹スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2013年11月16日土曜日

11/16(土)の授業報告

共通課題「静物デッサン」

今日はスタジオの様子がいつもと違います^ ^机が少なく、真ん中に鹿や植物がどーんといますよ。
幼児クラスも少年クラスも、途中の課題はいったんお休みして、今日からデッサンです!

◼︎合同クラス

半地下の三鷹スタジオですが、この季節は日が射し込むんですね。いつもより暖かく、暖房いらずでした。
まず、紙にエスキースをして、構図を決めます。

今回は特別にキャンパスにデッサンをします!
絵の具と混ぜているのは建築材料のパテ。質感と言う意味のマチエールのある下地を作ります。

◼︎幼児クラス

合同クラスで結構時間がきつきつだったので、人数の多い幼児クラスでは下地作りからはじめました!
パレットナイフの持ち方も勉強しましたね◎

サマになっています^ ^

様々な色や模様の下地ができました!

狙って作れるものではないですよね。とても綺麗です。


きれい!


◼︎少年クラスA、B

少年クラスは隔週のお友達だけが出席という、珍しい日でした。
こちらもじっくり下地作りをします。


それからエスキース。
まだイーゼルに慣れませんね。少しずつ姿勢を直していこう!

それぞれの性格の出ているエスキース。これだけでもとてもいい絵ですよね。

前回下地作りをしてあったお友達は、さっそく描き込んでいます。
絵の具やパテを自由に使い工夫してみてね。

それぞれとてもいい感じです!

ふたコマ続けてデッサンをしたお友達は完成しました!
エスキース通りに大きく入れるのではなく、木の上にとまっている鳥にしました。
滝を泳ぐ魚を狙っている鳥ですね。
鳥の表情が可愛らしい!

残りの時間はウニを作ることに。

青一色と決めて、クールなウニになりましたね!

下地を乾かしているお友達は、どうしても…ということで、粘土造形でポケ◎ンを作りました。ダークライ。
腕や羽をなびかせているゴーストポケモンを紙粘土で作るのが難しかったですね!
でも立体感も良く出ていて、いい形になりました!
ジオラマにする計画なので、いつ、どんな場所で、何をしているのかなど、情景を工夫しましょう◎


担当したのは、みか先生と和田のぞみ先生でした。

(記:和田のぞみ先生)