こども美術教室 がじゅく 三鷹スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2012年9月15日土曜日

9/13(木)の授業報告

幼児クラスは「手のかたどり絵画」を行いました。
手を開いたり閉じたりいろいろな形にしてクレヨンでまわりをクルッと囲みます。山に見えたり、わぁ怪獣の手みたい!?
画用紙を手の形でいっぱいにしたら、重なってできた新しい形をみつけて色を塗っていきました。にっこり顔のグローブさんも隠れていますよ^^
画用紙の端までたっぷり絵の具を使えたね。空を飛ぶ小鳥みたいな作品(写真の1枚目・上)、夕焼け空色の作品(1枚目・下)宇宙の星のような作品(2枚目)と一人一人全然ちがったおもしろい作品ができたね。

少年クラスは前回の続きの「石の家」と「ウニづくり」に分かれて制作しました。
「石の家」の生徒さんは割りばしをつかって屋根をつくり、隙間を色つきの石で埋めていきました。屋根のてっぺんには旗が立ったね!ずっしり重い立派な家ができました♪こちらの生徒さんは後半は「グレー下地でデッサン」の課題へ移りました。モチーフはカボチャ。今日はグレーの画用紙づくりとエスキースまで進みました。立体的に描くための光や影の話をしましたよ。次週本番に移りましょう。
「ウニ」の生徒さんは、まずは爪楊枝に色をつけるところから。爪楊枝を3束に分けて、それぞれ丁寧に絵の具で染めました。そして、発泡球に一本一本さしていきます。なかなか大変だけど、2/3くらいまでさすことができたね。ボンドが乾いていないので見えづらいですが、発泡球を赤と紫で色を塗っているのもポイントなんです♪次週あともう一息だね〜。

担当したのはのぞみ先生でした。(記:のぞみ先生)