こども美術教室 がじゅく 三鷹スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2012年10月21日日曜日

10/18(木)の授業報告

木曜クラスは、幼児クラス少年クラスともに新しい課題「森のコラージュ」に入りました。
まず森について、みんなが知っていることを言い合ってみることに。
木がたくさん生えている、昆虫や動物、鳥が住んでいる…
「季節によって木の葉っぱの色が変わるって知ってるかな?」の問い掛けには秋は赤とか黄色、夏は緑、春は黄緑、冬は葉っぱが落ちちゃうと元気に答えてくれましたよ。
今回は冬を除いた季節を選んで(冬は葉っぱがなくなってしまうので)、そのイメージで木のたくさん生えた森の作品をつくっていきます!
選んだ季節をイメージしながらまずは葉っぱになる色紙づくり。クレヨンと絵の具をつかって色や模様でコピー紙を彩ります。赤や黄色が多い子は秋、鮮やかな緑は夏のイメージかな?
色紙ができたところで、木を貼っていく土台になる画用紙も塗りました。木や葉っぱを貼ったときにきれいに見える色で塗ってね。
幼児クラスのみんなはだいたいここまで仕上がりました。一足先に進んでいた生徒さんは、別の紙に森に住む生きものを描いてもらいましたよ。トンボやちょうちょ、写真には移っていませんが、カメもいます^^次週また進めていきましょう。

少年クラスも同じように進めていったのですが、+αとして木の枝や幹の画用紙にも着彩して、質感を出すためにいくつかテクスチャーを試していきました。紙をグシャグシャにしてから絵の具、白クレヨンでボコボコを描いてから絵の具、カッターの刃の裏側で引っ掻いてから絵の具。
自分の木のイメージに合うものを選んで、組み合わせたりもしながら木の質感を出しました。
なかなかハイペースで進み、枝に葉っぱを貼っていくところまでできました。細かい葉っぱの中にさらに細かい花が咲いていますよ♪季節は春です。やさしい色づかいが春の暖かさを感じさせますね。完成が楽しみです(*^−')ノ


担当したのはのぞみ先生でした。(記:のぞみ先生)