こども美術教室 がじゅく 三鷹スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2013年1月24日木曜日

1/24(木)の授業報告

今日の幼児クラスは「等身大の自分」という課題。振替の生徒さんもいれて4名の予定だったので大きなロール紙を用意していましたが、欠席の生徒さんもいたので2人で思いっきりつかっていくことになりました。
まずは大きなロール紙に寝転んで、お友だちに身体の形を型取ってもらいます。上に描いた形に重なるようにして、下の生徒さんが足をつかんだ格好になっているのも面白いね。自分の大きさを客観的に感じるのって不思議な体験。クレヨンをつかって顔や洋服を描きました。半袖だったり、長袖だったり…思いついてスキーをしているところに変更!(下の絵)ゴーグルや板、ストックを持っています。シールをつかって服を飾ったら、絵の具をたっぷり楽しみました(o^^o)刷毛をつかって身体を大きく動かして、なんだか運動しているみたい!?
前回色紙をつくる時に行ったにじみの手法が面白くて覚えてくれていたので、まわりはカラフルな模様をにじませて楽しみました。大満足の作品が出来上がったね♪
今日残念ながらお休みだった生徒さんは、またの機会に共同制作しましょう。

少年クラスには体験のお友だちが来てくれました。どうもありがとう(*^_^*)
体験のお友だちは「スノーツリー」、レギュラーの生徒さんは「福笑い」を制作しました。
「スノーツリー」、まずは土台になるプラダンを好きな形に。ダイヤと星とにそれぞれハサミで切ります。
そしてプラダンに穴をあけ、針金を通して思い思いにビーズやストロー、ボタンで枝を飾っていきました。針金も硬いものだったので、力がいる場面もありましたが、針金を切ったり曲げたりと積極的に挑戦してくれたね。枝の彩りを考えながら、楽しんでつくっていました。ふわふわの綿で雪も貼って、ギリギリまで制作したね。爪楊枝で看板をつくるというアイディアも♪

「福笑い」の生徒さんは節分に向けてオニの顔です。おぉ、変な顔のオニ!
台紙の画用紙はのっぺらぼうの顔を描き、紙ねんどで各パーツづくり。ツノ、目、鼻、口、耳、まゆげ、色混ぜしながら、形をつくっていきました。
「スノーツリー」でつかった針金をちょっともらって、まゆげと鼻毛(バカボンのパパみたい)もつくっちゃった!キバについている緑のねんどは虫歯だそうです(^。^)
たくさんの面白い顔ができそうなので、次週乾いたらさっそく遊んでみようね〜。

担当したのはのぞみ先生でした(記:のぞみ先生)