こども美術教室 がじゅく 三鷹スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2016年7月23日土曜日

三鷹7/23(土)の授業報告

今週はどんより曇り空や、雨の日が多かったですね。
先週よりもうんと涼しくて過ごしやすかったです。
そんな中でも街を歩いていると、もうどこからかミンミンゼミの鳴き声が聞こえていました。
虫網や虫かごを持ったお子さんもいたりと、とっても夏らしい光景に出会えました。

ではでは、今日も制作を見てみましょう。


合同クラス
「開き絵」「屋台制作」


こちらは可愛らしいクマさんの開き絵(窓の絵)です。
リボンでおめかししたクマさんの耳やシッポなどが開く仕組みになっていて、中にはこれまた可愛らしい様々な模様が描かれています。
クマさんが右手に持った風船もクマさんの顔で、なんだか癒されてしまいました。
元は窓の絵という課題ですが、窓や建物にとらわれず「開く」という仕組みをうまく使って描いていて、とても面白いなと思いました。


こちら、4人の生徒さんが屋台制作に取り組んでいます。
何屋さんなのか聞いたところ、綿あめ屋さんやお化け金魚すくい、さらにはスーパーカー屋さんだそうです!
いつも賑やか過ぎるくらいのクラスが今日はそれぞれがとても集中して制作している様子でした。
一生懸命に割り箸をペンチで切断したり、火傷しないように気をつけながらグルーガンを使って作業している姿はとても頼もしかったです。
次週は屋台の内装や屋根を作る作業に入る予定です、楽しみですね。


幼児クラス
「ガチャガチャ」「ペンダント作り」


長らく取り組んでいました、キャラクターガチャガチャが本日無事に完成しました。
ちゃんと右側についているハンドルをひねると、ガチャポンカプセルが1つ出てくるんです。
どうやら人気のキャラクターや、レアキャラなども入っているそうで、帰り際にみんなが寄ってたかってガチャポンを回していました。
正面の側面はシンプルですが、側面にはキャラクターの絵もたくさん描いてあって、ついつい近づいてみたくなる工夫がされていました。
次回の授業では久しぶりに絵画の課題に取り組んでもらいます。


こちらの生徒さんはペンダントを作り始めました。
2つを同時に作るために、ボンドの乾燥時間なども考え1つを乾かしている間にもう1つを制作といった具合で、うまく時間をずらしながらの作業をしています。
それぞれに違った星型をしていて、これでしたら2ついっぺんに首から下げてもおしゃれかもしれませんね。
青い星型の模様になっている「H2O」は偶然なのでしょうか…、偶然ですよね、面白い!
次回は2つとも裏面の制作とペンダントの紐も制作しましょう。


少年Aクラス
「ペットボトル動物」「石と割り箸ハウス」


動物がまた1匹完成を迎えました。
なんとも愛嬌溢れる猫です!
ヒゲはスタジオに少しだけあった白いワイヤーを使って表現しています。
ワイヤーなので動かせるんですよ。
ペットボトルのキャップの部分のくびれも猫の鼻先に見立てて、上手く生かしていますね。
四つ足で立つ猫ではなく伏せている姿を選んだのも猫らしさが現れているし、肉球も見えるしとても良いなと思います。
ここまで面白いものができると欲が出てきてしまいます、ヘラを使って毛並みを表現した尻尾の部分のような表面の雰囲気が、全体にあっても良いなあと思いました。
次はそんな工夫も取り入れてみたいですね。


さて一方こちらではボリュームある大作が完成しました。
あまりの大きさにがじゅくの作品棚にはもはや収まりきれません!
全部で3階建て、とんがり屋根の「三鷹のレインボーハウス」です。
様々な道具、素材の工夫と溢れる意欲でめげることなく作り込めました。
屋根の上にはためく旗が象徴的ですね。
高さがあるにもかかわらず、柱や床の構造がしっかりしているため、ちょっとやそっとじゃ壊れない、丈夫な家になりました。
とっても頑張って制作に取り組めたと思います、次回も楽しみですね。


少年Bクラス
「屋台制作」「サボテン制作」


前回の引き続きで、今日も屋台の骨組み作りを進めていきました。
ちょうど夏祭りの時期というのもあり、こちらの生徒さんも他に屋台を作っている生徒さんも、楽しみながらも真剣に考えながら作っているように見えます。
写真を見ても分かる通り、かなり忠実にサイズを測って制作しております。
その甲斐あって、こちらの骨組みもとてもしっかりとした出来になりました。
ここからはいよいよ金魚すくいやさんらしい内装や看板制作に取りかかれますね。
次の授業ではまずは屋根を作っていきましょう。


こちらの3色サボテンは本日きてくれた体験の生徒さんの作品です。
まずはその鮮やかさに目がいきますね。
サボテンを緑一色で着色する生徒さんが多い中、 赤・緑・黄色という思い切った色合いで制作していました。
サボテンのトゲの生えている向きやサボテンの細さなどから、空に向かって伸びようとする植物の生命力のようなものを感じます。
形も色もトゲの数も絶妙で、とてもバランス良いサボテンになりましたね。
またお家でもがじゅくでも、制作して欲しいなと思います。

担当したのは、ちふゆ先生となつみ先生、そらや先生でした。(記:そらや先生)

こども美術教室がじゅくはブログランキングに参加しています。ポッチとよろしくお願いします
Thank You! にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ  ありがとうございます

がじゅくのホームページへ