こども美術教室 がじゅく 三鷹スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2016年10月8日土曜日

三鷹10/8(土)の授業報告

みなさんこんにちは。
朝からシトシト、お昼には土砂降り、今日はあいにくの雨模様でした。
いつの間にか金木犀の香りもすっかり消えてしまい、だんだんと朝晩の気温が下がってきましたね。
これから冬にかけて風邪など引かぬよう気を付けたいと思います。

それでは今日のクラスの様子を見てみましょう。


合同クラス
「屋台作り」「ウニボール」


こちらのお化け金魚すくい屋さん、本日完成しました。
なんて愛らしいお化けたちなんでしょう!
名前は血みどろお化けなどでちょっぴり怖いのですが、表情や体つきに愛嬌があり、これなら夜中に1人出会ってもそのまま友達になれそうな予感。
お化けが金魚をすくうという発想にも驚きました。
なるほどよくお祭りでみるそれぞれの屋台を組み合わせて考えてみるのもとても面白いですね。
この次は合体動物の絵画を描き始めています。
下書きからしてまたユニークで面白い作が生まれそうでとても楽しみです。


こちらは体験の生徒さんが一緒にカラフルウニボールの制作をしました。
まるで秋の落ち葉のような色合いで、トゲトゲがとても美しいです。
全体の丸みもバランスが良いですね。
作業もとても丁寧でがじゅくでの制作をとても楽しんでくれていました。
こちらもウニボール、そのまま置いてもつるして飾ってもおすすめです。
ぜひお家でも眺めて見てみて欲しいなと思います。


幼児クラス
「割り箸ハウス」

今日は3人の生徒さんがわりばしハウスに挑戦しました。
まずはこちら、お菓子の家をイメージしたわりばしハウスです。
そう言われると色合いがお菓子らしいチョイスになっていますね。
組み立てが終わったらお庭にたくさんのお菓子を散りばめ、窓もお菓子の形にする予定のようです。
聞いてるだけでワクワクしてきます。
完成が楽しみですね!


こちらの生徒さんのわりばしハウスはなんと海の上に建っているんです。
窓から太平洋が一望でき、美しい夕日や星空も眺められ、そして何より窓から釣りができる…!
憧れてしまう素敵なお家です。
今日は授業後半からの新制作でしたので、まずは下書きと魚の造形に取り組みました。
指先を器用に動かしながら粘土で小さい魚を3匹も作りました。
次の授業ではいよいよわりばしの色染め、組み立てに入ります。


少年Aクラス
「キラキラスライムデザイン」





今日の少年Aクラスでは以前の約束通り、1日だけ特別にキラキラスライム制作に取り組みました。
ただ作って遊ぶだけではなく、作ったスライムがどんなスライムなのか、色合いや手触りから考えてパッケージとラベルのデザインにも挑戦してみました。
フルーツの色合いからデザインしたスライムや自然の中から発想を経たスライムなど、彩り楽しい、ビローンとよく伸びるスライムがたくさんできました。
写真にある宇宙スライムの裏側、成分表ラベルをよく見てみると星が入っていますね、ロマンチックです。


少年Bクラス
「静物デッサン」


少年Bクラスでは本日2枚のデッサンが完成を迎えました。
1枚目のこちらのデッサンはモチーフ1つ1つがとても素直に、よく観察しながら描けています。
教室内の背景にまで目を向けしっかり表現していました。
画面の端から端までじっくり描き込みをしたことで、画面の中に実際のスタジオと同じ空間が広がりました。
色鉛筆を用いての細部の描き込みも集中が途切れることなく時間をかけて取り組めましたね。
がじゅくてんの会場でしっかりと展示して見ることで、スタジオで見るのとはまた違った見え方が発見できそうです。


こちらのデッサンは意識して全体的に淡い色使いで統一されており、とても美しいです。
色合いや構図からこういう絵にしたいという意思が感じられますね。
あえて選んだ縦構図がピッタリはまっている1枚のように思いました。
背景に暖色を用いたのが、程よく上手に全体の緊張感を和らげているように感じられ、凄いなと感心してしまいました。
ここまでくるとつい欲が出てしまうもので、最後の描き込みをもう少し粘ってみても良かったように思います。
次回は仕上げの作業も焦らずじっくり進めていきましょう!


担当したのは、ももこ先生とそらや先生でした。(記:そらや先生)

こども美術教室がじゅくはブログランキングに参加しています。ポッチとよろしくお願いします
Thank You! にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ  ありがとうございます

がじゅくのホームページへ