こども美術教室 がじゅく 三鷹スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2012年3月31日土曜日

3/31(土)の授業報告

もう、すんごい風と雨でしたね。。。

スタジオに来るだけでも、大変ですね。


しかーーーし!本日も元気で元気で三鷹土曜クラスいきましょう!

さてさて、意気込んでみたものの、幼児クラスは塾生一人でしたので、じっくりと制作にとりかかりました。

「重ねて作る山(島)〜等高線〜」という課題。
一体、どんな島ができあがるのでしょか!?
台紙に色を置いていき、島のイメージを広げていきます。

硬い段ボールを一生懸命にハサミで切り出していきました。
そして、完成した作品は。

なんともかわいらしい「ハート島」
キラキラのパーツでデコレーション!

イメージ通りにできたかな?

こちらは、みか先生の島。
海に浮かぶ島で、海面には沢山のお魚をイメージをのせていきます。


午後の「少年クラスA」では、本日入塾のお友達が初めての授業で初めての作品を作りました。
三つの小高い島。

これは「カタツムリ島」なんです。
カタツムリをイメージして、段ボールを切り出して重ねていきました。

これだけのパーツを切り出す作業量は大変なもの。
初日からがんばってくれました。

こちらは、青く澄んだ海に浮かぶ島。
絵の具の濃淡が、海面の波を連想させますね。

海面部分には、これから船やお魚が登場してくるのかな?



「少年クラスB」でも「重ねて作る山(島)〜等高線〜」を行いました。
こちらは、海底に沈む遺跡をイメージした作品!

規則的に並ぶ形が緊張感を生み、なんだかスケール感が分からなくなる面白い作品です。
実際は台紙が、A4サイズくらいの大きさなのですが、巨大な遺跡を上方から見ているような錯覚にさ覚えます。


こちらは「八角形」の島。
何枚も八角形を切り出していく作業は集中力のいるものでしたが、90分の時間の中で最大限よくできたと思います。

こちらは、「クローバー型」の島。
丁寧な仕事が、作品の質を高めていますね。

でも、これ以降の作業も大切だからね。
気を抜いちゃいけないよ。

こちらは「自画像」
顔と肩にかけての描写が終わり、着彩へと進んでいます。

光源の方向を考えながら、色を置いていきます。
明暗のバランスも加味しながらの着彩は高度ですね。

こちらは、僕が描いたものです。

さて、本日はアキヒロ先生三鷹土曜クラス最後の授業となりました。
といっても、辞めちゃうわけでないですよ。

いつも通りの授業が出来て、なんだかホッとしています。

4月からは、総務として皆様のお手伝いをさせていただきますので、よろしくお願いいたします。


三鷹スタジオのオープンから、ここまでがむしゃらに走ってきたように思います。
塾生もだんだんと増えていき、笑顔の絶えない授業が出来たこと、大変に感謝しています。

みんな、今までありがとう!

ではでは!!!また!!!


担当した先生は、アキヒロ先生とみか先生。(記:アキヒロ先生)